3.講義・ゼミ

1.講義の紹介

私が担当している講義は以下の通りです.詳しい内容はこちらから検索ください.

上越教育大学
学部

ブリッジ社会(学部1年生対象:社会系コースの先生方との分担講義です.経済学の初歩です)

経済学概説(学部2年生対象:本年度はヨラム・バウマン『この世で一番おもしろいミクロ経済学』と『この世で一番おもしろいマクロ経済学』をテキストに経済学の入門編を行います)

現代社会論(学部3年生対象:現代の経済社会を多角的にとらえるトレーニングとして,ゲーミングやフィールド調査などを行います)

経済学文献講読(学部3年生対象)

これまで取り上げた本・論文(翻訳は原著出版年)

J.A.シュンペーター(1926)『経済発展の理論』岩波文庫

松原隆一郎(2009)『経済学の名著30』ちくま新書

F.A.ハイエク(1933)「経済学的考え方の動向」(1944)「経済学者になるということ」(1962)「経済,科学,そして政治」

J.M.ケインズ(1926)「自由放任の終わり」(1930)「孫の世代の経済学的可能性」

J.A.シュンペーター(1949)「経済理論と企業家史」

太田他編(2006)『新版 経済思想史』名古屋大学出版会

A.O.ハーシュマン(1977)『情念の政治経済学』法政大学出版会

F.A.ハイエク(1988)『致命的な思い上がり』春秋社

J.アカロフ,R.シラー(2009)『アニマルスピリット』東洋経済新報社

F.A.ハイエク(1944)『隷属への道』春秋社

F.マーティン(2013)『21世紀の貨幣論』東洋経済新報社

J.G.ホワイト(2011)『バランスシートで読み解く世界経済史』日経BP社

J.ソール(2014)『帳簿の世界史』文藝春秋

F.アレン,G.ヤーゴ(2010)『金融は人類に何をもたらしたか』東洋経済新報社

A.V.バナジー,E.デュフロ(2011)『貧乏人の経済学』みすず書房

社会認識手法論(学部3年生対象:社会系公民分野の先生方との分担講義です.みんなでゲームを作ります)

大学院

経済学特論(大学院生対象:経済学の基本的概念を学ぶと共に,それらを学習でできるゲーミングを作ります)

学部・大学院共同

実践場面分析演習1「社会」・実践セミナー1「社会」(社会系コースの先生方との分担で行う演習です)

新潟産業大学

会社法A・B(宍戸善一『会社法入門 第六版』をテキストにした会社法のレクチャーです)

2.ゼミの紹介

ゼミナールは,経済あるいは経済学に関わる文献の輪読と,各自の修士論文あるいは卒業論文に関わる報告・議論という二本立てで行っています.修士論文・卒業論文の研究テーマは経済や経済学に関わることであれば基本的に自由ですが,主体的にテーマを決定し,積極的に調査・研究していくというフットワークの良さを求めます.経済や経済学に関して一度きっちりと勉強し,議論してみたい人,自分なりの社会に対する考え方を構築しておきたい人,地域経済の人たちにインタビューやアンケート調査などをしてみたい人,大いに歓迎します.

これまでの卒業論文・修士論文
2010(平成22)年度
卒業論文

新井和恵「上越市におけるメディア誘発型観光の実態と課題」

修士論文

赤岡正大「上越市高田地区中心市街地活性化に関する考察—商店街の機能に着目して—」

2011(平成23)年度
修士論文

浦野智裕「地域金融における動産担保貸出の可能性−新潟県内地方銀行の現状分析を中心として−」

2012(平成24)年度
修士論文

高橋要「中山間地域における外部者を活用した地域活動の展開に関する一考察−長岡市川口地域木沢集落の事例から−」

田原浩行「子どもの地域コミュニティ参画の手法に関する考察−地域通貨『戸田オール』を通して−」

2013(平成25)年度
卒業論文

鈴木雄基「ジェイン・ジェイコブズの都市思想」

2015(平成27)年度
修士論文

小林英成「コミュニティバスゲームの開発−住民間の合意形成のプロセスに着目して−」

卒業論文

玉水奈月「コンテンツツーリズムを活かしたまちづくり−長野県上田市・小諸市を比較して−」

上村健人「自由すぎると社会の秩序は崩壊するか−自己所有権・個人・国家−」

2016(平成28)年度
修士論文

柘植雄匠「新制度派経済学における企業像−新制度派経済学の説明限界−」

卒業論文

渡辺彩夏「芸術祭がもたらす地域社会への影響」

栁澤悠「ふるさと納税が自治体に与える影響に関する研究」

3.学生によるプレゼンファイル
公民教材開発論
2009(平成21)年度

1.大杉屋惣兵衛グループ 口に広がる400年の味大杉屋惣兵衛

2.渡部鮮魚店グループ 塩乾専門店渡部鮮魚店

3.杉田味噌屋グループ 変わらない味と変える味杉田味噌屋

4.栄喜堂グループ 「栄喜堂」グループ

2010(平成22)年度

1.竹内泰正堂グループ:パワーポイントスライドショーはこちらから,PDFファイルはこちらからダウンロードできます。このグループは職人の技術を動画を入れてわかりやすく教えてくれました。(1)スプーン,(2)ふきん,(3)はさみを使った練り切りの技術と,(4)カステラを焼く時の泡きりという技術です。

2.上越紺太グループ:パワーポイントスライドショーはこちらから,PDFファイルはこちらからダウンロードできます。このグループはメンバー自ら枕をオーダーメイドし,そこから取材を掘り下げています。

3.お茶の正香園グループ:パワーポイントスライドショーはこちらから,PDFファイルはこちらからダウンロードできます。このグループはプレゼンの最後に実際にお茶を入れる実演をしてくれました。

2011(平成23)年度

1.まちづくり会社グループ:PDFファイルはこちらからダウンロードできます.高田商店街に関わるまちづくり会社について調査してくれました.

2.商店(新規店舗)グループ:PDFファイルはこちらからダウンロードできます.高田商店街で創業5年以内の店舗の現状や課題についての調査です.

3.商店(老舗店舗)グループ:PDFファイルはこちらからダウンロードできます.高田商店街で創業40年以上の店舗の現状や課題についての調査です.

4.商店街の教材化グループ:PDFファイルはこちらからダウンロードできます.高田商店街を使った小学校や高校での授業の実態や,新たな教材化の可能性について調査してくれました.