タグ別アーカイブ: 現代の経済思想

『現代の経済思想』出版のお知らせ

橋本努(北海道大学)編『現代の経済思想』勁草書房が10月末に出版されます.

私は『企業家精神−企業家になるとはどういうことか』を担当させていただきました.

出版にを記念して11月中にジュンク堂書店池袋本店,福岡店,大阪本店でブックフェアが開催される予定です.

ご関心の方は是非.

 

以下,『現代の経済思想』目次です.

 

1 生きるために

1-1 快楽─―快楽が多ければよい人生か   米村幸太郎

(キーワード:福利、個人的価値、幸福度)

1-2 欲望─―なにに/なぜ人間はこれほど駆り立てられるのか  黒石晋

(キーワード:なにか未知なるもの、価値、事後選択)

◆コラム 視野狭窄の効用

1-3 幸福─―幸福度研究は経済学に革命をもたらすか  本郷亮

(キーワード:主観的幸福、幸福度、功利主義)

◆コラム 信頼ホルモン「オキシトシン」

1-4 贈与─―私たちはなぜ贈り合うのか   若森みどり

(キーワード:負債、社会関係、循環)

◆コラム 災害復興

1-5 労働─―理想の仕事とはなにか   橋本努

(キーワード:拘り、本来性、ルサンチマン)

◆コラム 地理学的批判理論

 

2 善い社会のために

2-1 価値─―価値は価格に反映されているのか   藤田菜々子

(キーワード:倫理、バランス、制度)

◆コラム 繁栄の法則

2-2 平等─―なぜ平等は基底的な価値といえるのか   井上彰

(キーワード:範囲性質、非個人的価値、反不平等主義、宇宙的価値)

2-3 ケア─―両立支援は誰のためか   山根純佳

(キーワード:平等と差異、ケアの社会的評価、ワーク・ライフ・バランス)

2-4 所有─―所有は豊かさをもたらすか   沖公祐

(キーワード:占有、請求権、コモン・ストック)

2-5 資本主義─―なぜ安定と危機の交替を繰り返すのか   鍋島直樹

(キーワード:社会的蓄積構造、戦後コーポレート・システム、新自由主義)

◆コラム 「グローバリゼーション」のトリレンマ

 

3 経済の倫理

3-1 自然─―経済にとって自然とはなにか   桑田学

(キーワード:自然の贈与、労働、依存)

◆コラム 何もしない

3-2 消費─―消費者は環境に責任があるのか   根本志保子

(キーワード:政治的責任、規範、美徳)

◆コラム 脱成長

3-3 交換─―赤ちゃん市場の問題とはなにか   山本理奈

(キーワード:商品化、聖なるもの、貨幣)

◆コラム 例外としての新自由主義

3-4 文化と経済─―市場は芸術の開花を阻害するか   鳥澤円

(キーワード:文化政策、大衆文化、古典的自由主義)

◆コラム ショック・ドクトリン

3-5 芸術の売買─―美術市場に道徳はあるのか   持元江津子

(キーワード:美術市場モラル、一次/二次市場、アートディーラー)

◆コラム コモンウェルス

 

4 経済の生態

4-1 市場─―市場が社会秩序であるとはどういうことか   瀧川裕貴

(キーワード:経済社会学、埋め込み、収穫逓増)

4-2 慣習─―生活にどう役立つのか   吉野裕介

(キーワード:明確化アプローチ、適応的慣習、慣習への順応)

◆コラム 裏切りの効用

4-3 嗜癖─―アディクションは非合理な行為なのか   太子堂正称

(キーワード:嗜癖と合理性、非自律的選好、信念依存性、プリコミットメント)

4-4 心理─―損得勘定は感情抜きなのか   松井名津

(キーワード:感情、理性、意思決定)

◆コラム プロスペクト理論

4-5企業組織―─なぜ企業は存在するのか   三上真寛

(キーワード:取引費用、ケイパビリティ、規模)

◆コラム コミットメント契約

4-6 企業家精神─―企業家になるとはどういうことか   吉田昌幸

(キーワード:企業家学習、市場理論、知識の成長理論)

◆コラム ソーシャル・ビジネス

4-7 経済神学─―経済学者の社会的機能とはなにか   佐藤方宣

(キーワード:宗教としての経済学、市場のパラドクス、効率性の福音)