タグ別アーカイブ: 地域通貨ゲーム

上越教育大学での地域通貨ゲームver.3の実施

11/27と12/4に上越教育大学の現代社会論受講者を中心に地域通貨ゲームを実施しました。

今回のゲームは9月にJAISTで行ったものと同じゲームですが,11/27は紙幣型,12/4はLETS型というように,二種類の地域通貨を用いました。

今回のバージョンでは,(1)地域外との円の流出入(地域外からの収入−地域外での購入支出),(2)地域の内外両方で販売しているアイテム(地域内での販売価格>地域外での販売価格)の選択,(3)ボランティアの実行率(ボランティアを一回提供する毎に次のターンの地域外からの収入が5%減少)という3点が地域通貨導入前後でどのように変化をするのかについて見るのと同時に,地域通貨ゲーム前後でのアンケート結果を検討することで,地域通貨ゲームでの取引行動が参加者の意識にどのような影響を与えるのかを検討するという目的を置いています。

詳細な結果はこれからですが,取引行動の結果を見てみると,地域通貨導入後は(1)全体的に地域外からの収入−地域外での購入支出が黒字に転じていたり,(2)地域内部でのアイテム選択割合が増えたり,(3)ボランティアを断る割合が減ったりという結果が見えてきました。12/11に行ったデブリーフィングでは,二回のゲーム結果を皆で見ながら行動を振り返りましたが,銀行からの借金が膨らんでくると,地域通貨よりも円でアイテムを販売するようになったり,ボランティアを断ったりするなどいろいろ考えていることも見えてきました。

今回同じ設定で紙幣型とLETS型の二つのタイプの地域通貨を用いてゲームをしましたが,学生たちはLETS型の方がよいという回答が多かったです。LETSのマイナス残高については使っているときは不安だったという参加者もいましたが,仕組みを説明して理解してもらえたようです。ただその一方で,紙幣型では円への換金ができるように設定していたので,換金可能な紙幣型が良いという意見もありました。さらにいえば,自分ならば地域通貨を使わない。円一種類が良いという意見もありました。地域通貨ゲームをしたからといって地域通貨がよいものであるとすりこむことはできないようです(もちろん地域通貨が良いものであるとすりこむことはゲームの目的ではありません)。

これから詳細な結果の考察をしていきますので,その成果が上がったらまたここで報告させてもらいます。

R0010831R0010843R0010841 R0010869IMG_1341R0010847

 

地域通貨ゲーム参加者募集!

11/27と12/4に上越教育大学において地域通貨ゲームを行います。11/27は紙幣型,12/4はLETS型で行う予定でいます。

つきましては,関心のある方はぜひ参加ください。今のところ15名ほど募集しています。

時間はそれぞれ12:30から14:30です。

参加希望者は吉田(yoshida@juen.ac.jp)まで連絡ください。

 

地域通貨ゲームver.3を実施しました

9/29に北陸先端科学技術大学院大学で開催されたJAISTフェスティバルにおいて,地元中学生を対象とした「一日大学院」が開催され,北陸先端科学技術大学院大学の橋本敬先生と小林重人先生,そして橋本研究室のメンバーの方々と一緒に地域通貨ゲームver.3を実施しました。

 

さて,実施本番は事前に考えていた以上にスムーズに進み,最初はおとなしかった生徒たちも次第に元気にそして楽しそうにゲームをしてくれて安心しました。

今回のゲームでは,ボランティアをすることによって次のターンの収入が5%減るという仕組みをおいたり,ターン毎でそれぞれの販売する商品でどれくらい地域通貨を受け取るかを決めるルールをおいたりして,地域通貨導入後の行動の変化を見る仕掛けをおきました。

 

地域通貨ゲームの結果の一部を公開します。

結果の詳細については,これから分析していきますが,今回対象が中学一年生とあっていろいろと仕組みをシンプルにしなければならず大変でした。しかし,その過程で地域通貨について改めて考えることができました。今回このような場を設けていただいた橋本先生と小林先生,そしていろいろな意見を頂いた橋本研のメンバーに感謝です。

地域通貨ゲーム論文ダウンロードできるようになりました

先日出版された論文「学習ツールとしての地域通貨ゲームの設計とその実施結果の考察」『経済学研究(北海道大学)』第62巻第1号69−87頁ですが,

以下のアドレス

http://hdl.handle.net/2115/49698

からダウンロードできるようになりました。

ご関心のある方はどうぞ。

 

 

学習ツールとしての地域通貨ゲームの設計とその実施結果の考察

以前進化経済学会で報告した内容の一部を「学習ツールとしての地域通貨ゲームの設計とその実施結果の考察」『経済学研究(北海道大学)』第62巻第1号69−87頁としてまとめました。

まだ電子版はアップされていないので,アップされ次第こちらにURLを掲載しようと思います。

地域通貨ゲームver.1の結果公開

2010年から2011年にかけて新潟県長岡市川口地域と北海道北見市において行った地域通貨ゲームのデータを公開します.

2010年12月3日に長岡市川口地域で行った地域通貨ゲームの様子

2011年3月28日に北海道北見市で行った地域通貨ゲームの様子

今回は,これに加えて2010年11月に上越教育大学で2回行った地域通貨ゲームの結果も併せて公開します.

ご関心のある方はこちらからどうぞ.地域通貨ゲームver1の設計と結果

 

3/29地域通貨フォーラムat北見

3/29に北海道北見市の北見芸術文化ホールにて,地域通貨フォーラムが開催されました(主催:CTC北見中央まちづくり会).

はじめに,北海道大学経済学研究科西部忠教授から今回の大震災からの教訓として,他律集中型社会から自律分散型社会への移行が必要であること,そして地域通貨もその一環であるとの提案を受け,1時間ほど参加者とのディスカッションを行いました.

その後,約30名ほどの参加者で地域通貨ゲームを行いました.

今回は,北見市の特徴を反映させるべく,北海道大学経済学研究科博士課程の宮﨑義久さんに協力していただき,以下の15主体を設定しました.

1.会社員,2.主婦・主夫,3.農家A(米・麦),4.農家B(野菜・薄荷草),5.地ビール工場,6.薄荷工場,7.製麺工場,8.商店,9.塩焼きそば屋台,10.お弁当屋,11.医者,12.温泉,13.旅行代理店,14.地域通貨事務局,15.銀行

これらは,労働力提供(1,2,3,4),農産物生産者(3,4),生産者(5,6,7),商業(8,9,10),サービス業(11,12,13)というミニ北見市の産業連関を想定しています(必ずしも現実の北見市を反映しているわけではありませんが).

ゲームの進行は,川口地区と同様です.今回は,最初の3ターンは国民通貨のみで取引を行ってもらい,残りの2ターンで地域通貨も導入し取引をしてもらいました.

ただし,若干の変更を加えています.前回川口地区で行ったバージョンでは,(1)国民通貨のみ,(2)地域通貨を導入し,各主体が直接生産物を販売できるように流通経路を変更,という二段階でおこないました.結果,地域通貨を導入する効果と農産物や加工品などが商店を通さず直接販売できる効果とが相まって,地域通貨を導入することによって大きな変化が現れました.今回北見市で行うに当たって,地域通貨を導入する効果と,直販効果がどのような形で現れるのかということを考える上で,(1)国民通貨のみ,(2)地域通貨を導入するが,流通経路は変更しない,(3)国民通貨と地域通貨併用でき,各主体が直接生産物を販売できるように流通経路を変更,という三段階で行うことにしました(ただし,実際には準備の都合で三段階の内の最初の二段階まででゲームは行いました).これによって,川口地区で行ったバージョンに比べてより地域通貨の効果に焦点を当ててゲームの変化を見ることができるだろうと予想したわけです.

さて,ゲームの最終結果は以下のようになりました.

これを見てわかるように今回,会社員が最終的に赤字になっています.その理由はゲームの設定の仕方にあります.今回,主体1から4までには毎ターン15000円の取引をするように設定しました.会社員は毎ターン8時間の労働力を販売しています.時給は1000円で設定していますから,8000円の収入があります.それで7000円の支出をすれば問題ないわけですが,実際には会社員の労働力がなぜか8時間すべて売れなかったわけです.実は,ミニ北見市全体での労働力市場は4時間分超過供給となるような設定をしていました.第2ターン目に会社員の労働力が4時間しか売れず,15000円の取引を行うために銀行から借金をしました.銀行へは次のターンまでに10パーセントの利息を付けて返済(返せなければ借り換え返済)しなければならず結構大変だったと思います.なぜ,会社員のところだけがうまく売れなかったのかについては,私が見たところ,主婦・主夫,農家A,農家Bに比べて控えめな行動をしていたからではと思います(他の人たちは「労働力売りまーす」と声をかけていましたから).これは直接人間が入って行うロールプレイングゲームの特徴かもしれません.

また,主体5から13までは,最終残高を当初よりも増やすという目標を設定しています.目標を達成できたのは,商店,お弁当屋,そして旅行代理店だけでした.逆に薄荷工場はダントツに赤字になってしまいました.薄荷工場は商店に薄荷キャンディーを卸す訳ですが,なぜか薄荷キャンディーが商店では売れず,在庫が残っていたので薄荷工場からあまり仕入れなかったというのが原因です.原材料や労働力は毎回雇うけれども製品は売れず,結局このような結果になってしましました.

さて,各プレイヤーの感想は次のようになりました.

さて,今回北見市で地域通貨ゲームを行いましたが,改めて認識したことは普段とは役割を担ってゲームを行うことによって,生産,流通,消費という様々な視点から経済を見ることができ,その上で地域通貨の特徴を認識することができるという地域通貨ゲームの効用です.そもそもやっていて楽しいというのもあります.

それと同時に改善すべき課題も見つかりました.第一に,先ほど述べた会社員のケースが示しているように,ゲームデザインの設定に無理があるということです.第二に,国民通貨→地域通貨導入→流通経路の変更という三段階の変化を体感できるような改善が必要です.

これらの課題を解決する上で,ゲームの設定それ自体をもっとシンプルにしていく必要があるように思います.限られた時間でよりたくさんの取引をしていった方がよいように思います.その上でもゲームデザインを改良していく必要があります.

3/29地域通貨フォーラムのお知らせ

今回の東日本大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます.

地域通貨は地域経済とコミュニティの主体的かつ自律的な運営を可能ならしめるメディアとしてこれまで多くの地域で行われてきたと思います.現在はまだ復旧段階ですが,被災地もやがて復興段階そして何年後かには「新たな日常」段階へと向かうと思われます.今はまだそこまで考える余裕はないかと思いますが,復旧・復興過程で形成される新たなつながりは何年後かに訪れる「新たな日常」においても必ず役立つものだと思います.地域通貨はこのようなつながりを維持・形成し,自分たちでまちをつくっていくメディアとして有効であると信じます.

 

さて,お知らせです.3/29に北海道の北見市において第2回地域通貨フォーラムが開催され,そこで以前長岡市川口地区で行った地域通貨ゲームを行います.お近くの方は是非参加してみてください.

地域通貨ゲーム

11/25と12/3に長岡市西川口987番地の川口農村総合振興センターにて「『川口だけで使えるお金』で地域づくりを考える集い」を行いました。11/25は地域通貨についてのレクチャーを行いましたが,12/3は「地域通貨でできることを考えよう!」ということで,地域通貨ゲームを行いました。

今回行った地域通貨ゲームは,15の主体(会社員,主婦・主夫,米農家,野菜農家,医者,温泉,旅行代理店,酒造工場,せんべい工場,製麺工場,商店,ラーメン屋,お弁当屋,地域通貨事務局,銀行)を置き,参加者がその中のどれか一つの役割を担ってもらうというロールプレイングゲームです。このゲームは,地域通貨ゲゼル研究会のHPに掲載されているロールプレイングゲームを参考にして,北海道大学大学院経済学研究科専門研究員の栗田健一さんと北海道大学大学院経済学研究科博士後期課程の宮﨑義久さんに協力していただきながら作成したものです。

各プレイヤーには役割表,取引表,お金(役割によって配布される金額は異なる)が配布されています。役割表には(1)ゲームを通じて達成してもらうクリア目標(例えば最終残高が20000円以上になる,困っている人を助けてあげるなど),(2)国民通貨で売れるもの(労働力,米,ラーメン,健康診断など),(3)地域通貨で提供できるもの(労働力,マッサージ,雪下ろしなど),(4)購入しなければならないもの(労働力2時間,お弁当,国内旅行に2回行くなど),(5)困っていること(子どもの世話をしてほしい,おいしいご飯の炊き方を教えてほしいなど)が記入されています。各プレイヤーは役割表に従って行動することになります。

ゲームは各プレイヤーが順番に売れるものを提供していくというターン制で行いました。例えば,米農家の番にくれば労働力と米を売るという訳です。工場などは労働力を雇いに,商店やお弁当屋などは米を仕入れに米農家のところへ行き購入します。このようにして銀行と地域通貨事務局を除く13主体が順番に売っていきました。

お金が足りなければ,銀行から借りることができます。借りる金額は制限なしですが,借りた翌ターンの銀行の番が来た時には利息10%をつけて返済しなければなりません。もし返せない場合は借り換え返済をしてもらいました。

最初の2ターンは地域通貨なしで取引を行い,第3ターン目の最初に地域通貨事務局に参加してもらいました。地域通貨事務局は(1)ボランティアイベントの開催と(2)地域通貨の購入と換金を行う役割です。ボランティアイベントに参加してもらった主体にはお礼として1000k(1k=1円相当)の地域通貨が支払われます。また,地域通貨を購入する際には20%のプレミアをつけました。500円で600kの地域通貨が購入できるというわけです。その一方で,一部の主体(工場や商店など)は地域通貨を換金できます。その際には20パーセントの換金手数料をつけました。

ゲームは全部で5ターン行いました。その成果は次のようになりました。

また,最後にそれぞれの役割から感想も述べてもらいました。

地域通貨ゲームは地域通貨の仕組みを知るということだけではなく,自分のまちでは地域通貨をどのような形で使えるだろうかということを考えるきっかけにもなります。私にとっても発見するところが大きく,非常に有意義な2時間でした。