the 49th ISAGA Conferenceに参加してきました

2018年7月9日から13日にかけてタイのマヒドン大学にてThe 49th. International Simulation and Gaming Association Conferenceに参加してきました.    

今回は,北陸先端科学技術大学院大学の小林重人氏との共同研究で行ってきた合理的意思決定を学ぶためのゲーム「スマホ製造ゲーム」に関するこれまでの結果を口頭発表でおこない,ゲームに関する詳細なルールなどについてはポスター報告を通じて発表しました.

口頭発表のペーパーについてこちらをご覧くださいポスターについてはこちらをご覧ください.

口頭発表については,対象とした2つの中学校の違いをふまえた上での分析が必要という点で課題を指摘して頂きました.ポスター報告については,ゲームのルールを説明したり,実際にレゴブロックを持って行って来た方にやってもらったりしました.

そして,ポスターについては今大会でのBest Poster Awardを受賞しました.今回のポスターについては,他にも優れた研究を行うものもありました.ゲームのオリジナリティに対して評価してもらったのではないかと考えています.

他にも例年どおり,ワークショップなどもあり非常に充実した大会でした.

来年は50周年の記念大会がポーランドのワルシャワで開催されます.来年度に向けて新たな研究をしていく予定です.

 

「なおえつさんぽ」完成!

本年度の上越教育大学体験学習「新水族博物館の来館者に直江津の魅力を伝えるパンフレットをつくろう!」受講者による直江津ガイドマップ「なおえつさんぽ」が完成しました.

上越市水族博物館「うみがたり」や上越妙高駅,直江津駅などで配置していく予定です.

あわせて「なおえつさんぽ」のInstagramも開設していますのでこちらもご覧ください.

https://www.instagram.com/naoetsu.sanpo/?hl=ja

今回のマップ作成において協力して頂いた株式会社バーツプロダクションcocola編集部の栗田さんには大変感謝しております.この場を借りてお礼申し上げます.

ここら日和7月号掲載

上越教育大学体験学習の受講生たちが,直江津紹介ガイド「なおえつさんぽ」とあわせて,制作協力して頂いているフリーペーパーCoCoLoで「ここら日和#67 直江津①」をつくりました.「なおえつさんぽ」とあわせてぜひご覧ください.CoCoLa9月号でも学生たちが直江津第2段を紹介します.

ここら日和はこちらから見ることができます.

「なおえつさんぽ」準備中

本年度の上越教育大学体験学習「新水族博物館の来館者に直江津の魅力を伝えるパンフレットをつくろう!」受講者による直江津ガイドマップ「なおえつさんぽ」の制作が進んでいます.

既に入稿を終え,来週には配布することができそうです.主に上越市水族博物館「うみがたり」や直江津駅などに設定してもらう予定です.直江津やうみがたりに行く際にはぜひ手に取ってみてください.

本日の新潟日報で今回の取り組みが紹介されています.

 

書籍刊行のお知らせ

昨年度まで行ってきた,科学研究費補助金 基盤研究(B)「教科教育と教科専門を架橋する社会科内容構成に関する基礎的研究(研究代表者:松田慎也 上越教育大学大学院学校教育研究科,課題番号:26285199)」の成果として,風間書房から書籍が刊行されました.

タイトルは『社会科教科内容構成学の探求』です.「主として教科教育の側から研究されてきた「社会科」の教科内容を、教科専門の研究者たちが教科教育の専門家たちと対話的に協働しつつ、それぞれの専門性に立脚して、いわばメタ次元で分析・総合し、教科専門と教科教育とを架橋することのできる構成原理を、学術的基盤のうえに体系的に再構築しようという方向性を打ち出している点」が本書の特徴となります.

目次は,以下の通りで,私は第4章第2節「教員養成における経済・経済学教育――その目的・内容・方法に関する検討――」の中で,本学での経済・経済学教育について紹介を行いながら,ゲーミングを活用する可能性について考察しています.

はじめに
第1章 社会科の教科内容の体系的構成にむけて
第2章 空間系の社会科――地理的領域の教科内容構成――
第1節 教員養成系大学・学部におけるGIS教育の分析――教科内容学の視点を用いて――
第2節 防災教育における地理教育の役割
第3節 地域的観点を育成する授業案
第3章 時間系の社会科――歴史的領域の教科内容構成――
第1節 寛延4(1751)年(宝暦元年)高田地震を素材とした授業内容案――日本史学からのアプローチ――
第2節 「社会科的思考力」と歴史学研究者──「私」の研究体験を教科内容構成学的に記述する――
第3節 「世界史」の教科内容の構成の視座
第4章 価値次元の社会科――公民諸領域の教科内容構成――
第1節 童話「泣いた赤おに」から宗教を読み解く
第2節 教員養成における経済・経済学教育――その目的・内容・方法に関する検討――
第3節 憲法学と必修科目「日本国憲法」――教員養成における教科専門の役割――
第5章 社会科教育学と教科内容
第1節 イギリス教育界における「知識への転回」と教員養成――地理教育を中心に――
第2節 国定日本史教科書の中の外国史が担った役割――歴史教育における自国史と世界史を考える前提として――
第3節 社会科教育における価値教育の規範的研究──公民教育研究から──
あとがき

ご関心のある方に本書をおわけすることができますのでご連絡ください.

論文刊行のお知らせ(IJCCR)

地域通貨の国際誌IJCCRから小林重人氏(北陸先端科学技術大学院大学)との共著が刊行されました.ゲーミングシミュレーションとコンピューターシミュレーションを用いた地域通貨導入手法についてこれまでの実践などをもとにまとめたものです.以下からダウンロードできますので,ご関心の方は是非.

Masayuki Yoshida and Shigeto Kobayashi (2018) ‘Using Simulation and Gaming to Design a Community Currency System’ International Journal of Community Currency Research 2018 Volume 22 (Winter) 132-144 <www.ijccr.net> ISSN 1325-9547. DOI: http://dx.doi.org/10.15133/j.ijccr.2018.011

上越市 地域活動フォーラムのおしらせ

2018年3月4日の14時からユートピアくびき希望館多目的ホールにて,平成29年度 地域活動フォーラムが開催されます.

地域協議会での議論や地域活動支援事業を通じた地域活動の現状をふまえた上で,課題解決の事例を紹介しながら,地域自らで課題を解決する住民趣致あの地域活動の活性化について考えていき,具体的な行動につなげることを目的としていきます.

本年度は私がコーディネーターとして入って,三郷区,諏訪区,牧区,中郷区の活動事例を発表してもらい,それぞれの活動の特徴や組織のあり方,直面している課題などについてディスカッションしていく構成になっています.

入場は無料ですので,ご関心のある方は是非どうぞ.

担当は上越市自治・地域振興課です.

論文賞受賞(日本シミュレーション&ゲーミング学会)

日本シミュレーション&ゲーミング学会にて,小林重人・吉田昌幸・橋本敬(2013)「ゲーミングとマルチエージェントシミュレーションによる地域通貨流通メカニズムの検討」『シミュレーション&ゲーミング』Vol.23, No.2, pp.1-11を中心とした地域通貨ゲームに関する研究に対して,小林重人氏(北陸先端科学技術大学院大学)と共に論文賞をいただきました.

地域通貨ゲームは2003年の北海道苫前町で始め,その後2009年頃から大幅な改訂を加えて現在に至っています.今回これらの業績を評価していただき大変嬉しく思います.

ゲーミング・シミュレーションは,ゲームの体験することによってプレイヤーがそれぞれ各自の「リアリティ」を認知し,それを言語化し他のプレイヤーと共有していくことで,「もうひとつの世界」を構想する上で優れたものであると思います.地域通貨を地域に導入するという「もうひとつの世界」を現実に構築していく過程で様々な利害関係者が関わることのできる場を構築できます.

今後とも全国で声をかけていただいた地域で地域通貨ゲームを行うと共に新たな問題設定の下改良を加えていくつもりです.

 

建築トークイン上越2017に参加してきました

今年で9回目となる建築トークイン上越2017に参加しました.建築を学ぶ学生や院生を中心に講師陣も含めて総勢100名ほどの人数で行われ,本学からもゼミ生を中心に学生・院生が14名参加しました.

本年度は高田を舞台にまだ見ぬ魅力の再発見と観光の街としての再構築を行うことを目的に,高田の中心部,南本町周辺,世界館家東本町周辺,寺町と4つのエリアを区切ってそれぞれ企画を提案するものでした.

10/14には午前中にまちあるきをし,午後からワークショップと中間発表,夜は月影の里で懇親会.10/15は朝からワークショップと最終報告,そして昼食会が宇喜世で行われました.

高田世界館を中心に雁木通りでの映画祭,雁木をのれんで飾る,花を使った寺町の観光地化などおおっと思うアイデアがたくさん出てきました.

東京から来た建築を学ぶ学生たちだけでなく本学の学生たちにとってもよい機会となりました.

来年機会があれば靗山荘に泊まりたいです.

建築トークイン上越2017のお知らせ

東京や長野,新潟の建築系の大学が中心となって例年行っている岩室塾実行委員会が主催している「建築トークイン上越2017」が10月13日から15日にかけて上越市高田地区を中心に行われます.

本年度のテーマは「リ・デザインマップ高田」ということで,高田の魅力を再発見して「リ・デザインマップ」をつくる予定となっています.

今年は上越教育大学の吉田ゼミが中心となって参加する予定です.他の学生の方も参加可能ですので関心のある方は私あるいは下記の連絡先まで連絡ください.

参加申込:talkin.joetsu2017@gmail.com